2010年11月02日

シリアルサイコキラーが主役!デクスター

デクスター 〜警察官は殺人鬼〜 アメリカ、2006-

衝撃的なテーマのドラマの取り扱いが多い、Showtimeというチャンネルで放映されている連続殺人鬼デクスター Dexterが主役のドラマ。
殺人鬼が主役だけあって、グロいシーンも多いですが、ヒューマンドラマな部分もあり、一度見始めたらはまってしまいます。

watch-dexter-online-free.jpg

マイケル・C・ホールの演じる殺人鬼、デクスターは、傍目から見るとマイアミ警察の血痕専門鑑識官として優れた仕事をこなす一般市民。ところが、内面は、殺人への渇望を消せずに、裏で法でさばけない犯罪者を殺し、ばらばらにして海に沈め続けている連続殺人鬼です。
殺人鬼が殺人課で鑑識官として勤務するという皮肉さの上に、今は亡きデクスターの義理の父、ハリーも元警察官、そして義理の妹デボラも警察官。綱渡りな状況の中、冷静さをもって自分の殺人行為への欲望を満たし続けるデクスターは、シリアルサイコキラーであるという本性を隠すために、外部から見て「普通のいい人」であることにこだわっていて、子連れのバツイチ女性リタというガールフレンドともセックスレスの付き合いをしていたり、職場にドーナツを持って行ってみんなに配ってあげたりと、ミスターいい人であることへの努力は惜しみません。

デクスターを演じるマイケル・C・ホールと義理の妹デボラを演じるジェニファー・カーペンターと2008年に結婚しています。

michael-c-hall-and-jennifer-carpenter.jpg

海外ドラマの大ファンでなくても、セックスアンドザシティを見ていた人なら見覚えのあるこの人が、デクスターの亡き養父ハリーとして、回想シーンなどで登場します。

Harry_Morgan.jpg

サマンサの恋人のホテル王(かつプレイボーイ)リチャードを演じていたジェームズ・レマー。死んでいる設定だけど、デクスターが語りかける対象として、レギュラー出演しています。

デクスターは幼い頃に母を殺害された現場に置き去りにされており、血まみれの現場から幼いデクスターを救ったのが当時警察官だったハリー。成長するにつれて、殺戮への欲望が強くなり、衝動にかられるがままに動物などを殺したりしていたデクスターを、犯罪者だけをターゲットにばれないように規則立てて殺害をできる殺人鬼へと訓練したのは養父のハリーでした。

とまぁテーマは暗そうなのですが。シリアルサイコキラーにも私生活があるという視点のドラマで、その描き方が丁寧で面白いです黒ハート

デクスターの上司マリア・ラゲルタを演じるローレン・ベレスはアグリーベティーにも出演していましたね。

maria.jpg

デクスターが開始した頃、KikiはまだL.A.に住んでいましたが、デクスターの宣伝イメージはいつもユニークで、車を運転している間に何度も見かけて興味を覚えたのがデクスターを見始めたきっかけです。

dexter_s_3.jpg

こんな感じで、雑誌の表紙をパロッたものもあったり。

デクスター放映開始時にはあまりインパクトがなかったのですが、シーズンを重ねる毎に強く、美しく見えて来るデクスターの恋人リタ・ベネットを演じるジュリー・ベンツ。

rita.jpg

シーズンを重ねる毎に、主人公デクスターの環境が変化し、デクスターの精神状況も変わって行きます。各シーズン毎の概要についてはまた今度書きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)
posted by Kiki in NY at 12:00| Comment(0) | ドラマ Dexter(デクスター) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。